栃木県足利市

栃木県足利市を、ご存知ですか?

詳しく知らないんで、調べてみました。

足利市(あしかがし)は、栃木県南西部にある市ですよ。古くは足利庄が栄えて清和源氏義家流・足利氏発祥の地としても知られ、フランシスコ・ザビエルが坂東の大学と呼んだ有名な足利学校がありますよ。また、足利学校は2015年4月に日本遺産に認定されましたよ。

足利市は1990年の16万8,217人(国勢調査による)をピークに人口減少が続いていますよ。県庁所在地である宇都宮市に次ぐ規模を誇っていましたが、2005年国勢調査にて小山市に、2014年に下都賀郡岩舟町を編入した栃木市に抜かれ、現在は県内4番目の人口規模となっていますよ。

国道407号を南進した群馬県太田市(約21万5000人、合併前約15万人)、埼玉県熊谷市(約20万4000人、合併前約15万8000人)は足利市と同規模でしたが市町村合併によりこの2市は人口増となりましたよ。一方、足利市はあしかがフラワーパーク等により2001年(平成13年)は263万人だった観光客入込数が2005年には301万人に増加していますよ。

足利市の北部に足尾山地、南部に関東平野が広がり、中央部を渡良瀬川が流れていますよ。山地と平野の接点に位置する市役所(本城三丁目2145番地)の海抜は34.54mですよ。

足利市は隣接する佐野市(人口約12万2000人)、桐生市(人口約12万4000人)、太田市(人口約21万5000人)、館林市(人口約7万9000人)とともに両毛地域の都市核であり、県都である宇都宮市よりも群馬県東部地方との経済的・文化的繋がりが深いですよ。

特に、足利市は桐生市・太田市との関係が県境を跨いで密接であり、太田市とは平成の大合併において一時期、越境合併の話もあがりましたよ。旧小俣町・葉鹿町は桐生織物組合に加盟していたことがあり、小俣町は桐生市外十四箇町村医療事務組合にも加盟していましたよ。

鎌倉時代、足利尊氏は後醍醐天皇の討幕運動に参加し、室町時代には足利将軍家となりましたよ。足利義康の時代から絹の産地として有り、近世近代において織物業が発達しましたよ。足利学校は学生数約3000人と記録されるほど盛況を迎え、室町時代には関東の文化の中心地として栄えましたよ。

1889年4月1日に、町村制施行により足利郡足利町が成立し、1921年1月1日に、 足利町が市制施行し(旧)足利市となりましたよ。1962年10月1日に他の町の編入により足利郡が消滅し、現在の足利市域が完成しましたよ。

足利市にある警察署として、足利警察署がありますよ。

足利市にある消防署として、足利市消防本部、足利市中央消防署、東分署、西分署、足利市河南消防署、南分署がありますよ。

足利市の産業人口(2000年国勢調査より)については、就業者総数83,684人、第一次産業2,222人、第二次産業37,082人、第三次産業44,076人、分類不能304人ですよ。

足利市の農業については、麗容という品種のトマト(ブランド名はあしかが美人)の栽培が盛んですよ。

足利市にある工業団地として、御厨工業団地、大月・助戸工業団地、久保田工業団地、八坂工業団地、羽刈工業団地、荒金工業団地、樺崎工業団地、八坂第二工業団地、毛野東部工業団地、あがた工業団地がありますよ。

足利市に本社を置く主な企業として、WATV わたらせテレビ 足利ケーブルテレビ株式会社、レンタルのニッケン、丸信金属工業、両毛丸善がありますよ。

足利市に事業所・工場を置く主な企業として、アキレス、ギャバン、三和シャッター工業、田辺三菱製薬工業、ケイミュー、丸和運輸機関、日本理化学薬品、昭和プロダクツ、バンドー化学、浜井産業、オイレス工業、大陽日酸、関東紙管、竹内産業、信栄がありますよ。

足利で創業した企業として、株式会社コーエー、足利銀行、株式会社レンタルのニッケン、アキレス、東京拉麺がありますよ。

足利市にある金融機関(銀行・信用金庫)として、足利銀行(足利支店、東支店、六丁目支店、足利南支店、葉鹿支店、江川出張所、毛野出張所など)、群馬銀行(足利支店、足利南支店)、栃木銀行(足利支店、足利南支店、山川出張所)、東和銀行(足利支店、足利南支店)、みずほ銀行(足利支店)、足利小山信用金庫(本店、助戸支店、毛野支店、富田支店、福居支店、葉鹿支店、小俣支店など)、桐生信用金庫(足利支店、堀込支店)、商工組合中央金庫(足利支店)、中央労働金庫(足利支店、足利南支店)がありますよ。

足利市にある証券会社として、内藤証券足利支店、水戸証券足利支店、成瀬証券足利支店がありますよ。

足利市にある大学として、足利大学、足利短期大学がありますよ。

足利市にある鉄道として、JR東日本(両毛線)、東武鉄道(伊勢崎線)がありますよ。

JTB時刻表で市の中心駅とされるのはJR足利駅ですが、渡良瀬川の対岸にある東武足利市駅のほうが本数が多く東京都心へのアクセスに便利なため利用者数が多いですよ。

また東武伊勢崎線は足利市内区間に多数の駅を有し、各駅周辺の再開発事業も進行したことから、野州山辺駅~福居駅間の各駅周辺には近年大型マンションや商業施設の集積が進んでいますよ。一方でJR足利駅を中心とした旧市街には足利学校や鑁阿寺など観光名所が多いですよ。

足利市にあるバスとして、高速バス(東武線足利市駅(南口)発着)、サルビア号成田空港行(関東自動車、千葉交通)、運転免許センター行(足利中央観光バス)、京都・大阪行(日本中央バス)、路線バスがありますよ。

足利市にある路線バスについては、佐野市と足利市によって代替運行されていますよ。
路線バスとして、足利市営バス(あしバス アッシー)(小俣線、松田線、行道線、富田線、山辺線、御厨線、中央環状線(土・日・祝日のみ運行)、名草線)、佐野市営バス(さーのって号)(足利線)がありますよ。

足利市にあるその他(シャトルバス)として、東武足利市駅(南口) – 足利工業大学、東武足利市駅(南口) -あしかがフラワーパ-ク、東武足利市駅(南口) – JR足利駅 – 佐野日本大学高等学校、JR山前駅 – 足利工業大学がありますよ。

足利市にある高速道路として、北関東自動車道がありますよ。

足利市にある名所・旧跡として、足利学校(日本最古の学校)がありますよ。

足利市にある神社として、門田稲荷神社(下野國一社八幡宮の境内社で、日本三大縁切り稲荷のひとつ)、織姫神社(織物の町足利の守護神が奉られている)、伊勢神社、三柱神社、大原神社、八雲神社(足利市大門通)、八雲神社(足利市通)、八雲神社(足利市緑町)、日光鹿島神社、大山祇神社、御厨神社、八坂神社、八幡宮、神明神社がありますよ。

足利市にある仏閣として、鑁阿寺(ばんなじ)(国宝・重要文化財、足利家の氏寺)、行道山浄因寺(関東の高野山といわれる名刹)がありますよ。

足利市にある観光(その他)として、ひめちゃんひろば、あしかがフラワーパーク、JA足利アグリランドいちご農園、足利ハリストス正教会、名草巨石群、渡良瀬橋、栗田美術館(伊万里焼・鍋島焼の磁器専門。陶磁器専門館としては世界最大級の美術館)、八木節、足利市立美術館、草雲美術館(足利藩絵師田崎草雲の遺作、遺品を展示)、地蔵の湯、ココ・ファーム・ワイナリー、松村記念館、パンヂュウ屋さん、足利渡良瀬ウォーターパーク、石敢當、物外軒茶室、まゆ玉市、節分鎧年越し、足利まつり(足利春の花火大会)、初山祭、わたらせ・サマー・フェスタ(足利花火大会)、燈籠流し、恵比寿講、足利グルメグランプリ、足利学校さままつり、あくたい(悪口)まつりがありますよ。

足利市出身の有名人として、原裕美子(マラソン選手)、手島優(タレント)、関敬六(コメディアン、俳優、声優)、他、がおられますよ。

足利市にゆかりある有名人として、森高千里(渡良瀬橋のヒットにより、足利市から感謝状贈呈)、清水健太郎(足利工業大学に通学していた)、清水アキラ(芸人)(足利工業大学附属高等学校に通学していた)、勝俣州和(タレント)(2010年4月1日、足利市の観光大使に任命された)、他、がおられますよ。

足利市で撮影が行われた作品(ドラマ)として、『太平記(NHK大河ドラマ』、『遺留捜査』、『赤い霊柩車』、『山村美紗サスペンス』、『DOCTORS』、『信長協奏曲』、『BORDER』、『私、結婚できないんじゃなくて、しないんです』、『沈まぬ太陽』、『ひこうき雲』、他、がありますよ。

足利市で撮影が行われた作品(映画)として、『ガメラ2レギオン襲来』、『蟹工船』、『八日目の蝉』、『今日、恋をはじめます』、『アンフェア』、『ルパン三世』、『団地』、『ピーチガール』、『22年目の告白』、『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』、『あゝ、荒野』、『先生!、、、好きになってもいいですか?』、他、がありますよ。